2016年3月19日(土)に開催した第36回雲南懇話会には、お彼岸の最中にも拘わらず125名の参加をいただき、盛会でした。皆様のご支援ご協力に感謝します。ご講演いただいた講師の皆様、ありがとうございました。

今回も宮崎市、奈良県吉野郡、静岡市、富士市、山梨県都留市・大月市、福島県福島市など、遠方からのご参加をいただきました。宮崎の焼酎、越後の銘酒の差入れもありました。重ねて感謝致します。

⇒「講演の概要」を読む

(撮影: 金井 義介)

第36回

日時;2016年3月19日(土)12時45分~17時30分。その後茶話会
場所;JICA研究所(旧国際協力総合研修所)国際会議場 @ 東京市ヶ谷

  演題
発表者
所属
1 カイラス巡礼とグゲ王国 / -西チベット・古格王国(842年~1630年)への旅路- 藤本 紘一 都留市文化協会副会長、写真家
 2 標高8,000mから眺めた星空の魅力 / -マナスル峰で試みた天体観測- 村山 孝一 (元)プラネタリウム解説員
3 ハニ族における稲作農耕と伝統的知識の継承 / -雲南省紅河州に見る棚田文化- 阿部 朋恒 首都大学東京 人文科学研究科博士後期課程、(中国雲南省)紅河学院国際ハニ / アカ研究所訪問研究員
4 浮上式鉄道開発の経緯と中央リニア新幹線の動向 / -夢・今・これから- 藤江 恂治 (元)(公益財団法人)鉄道総合技術研究所 技師長
5 DNAから見た日本人の起源 / -日本人成立の経緯- 篠田 謙一 (独立行政法人)国立科学博物館 人類研究部長

Additional information