7/21 曜日を訂正、9/4終了

第38回雲南懇話会は、2016年9月4日(日)に、東京/市ヶ谷で開催いたします。ご予定に入れておいていただければ幸いです。転送・転載、歓迎致します。

概要

第38回

日時;2016年9月4日(日)12時45分~17時30分。その後茶話会
場所;JICA市ヶ谷ビル(旧国際協力総合研修所)国際会議場 @ 東京市ヶ谷

  演題
発表者
所属
1 ネパール、ムスタンの旅 ~雲南懇話会第11回フィールドワークの記録、2016年4月~ 遠藤 州 桐蔭会山岳部OB会、京都大学学士山岳会(AACK)
 2 インド・シッキム州、カンチェンジュンガ東面の山旅、2016年4月 ~困難な入域、ゼム氷河、シニオルチューの麗姿のことなど~ 頭師 正子 雲南懇話会幹事、薔薇愛好家
3 トピック「転換期にあるミャンマーの今、その素顔」 ~アウンサンスーチー女史への期待~ 大津 定美 NPO法人“小水力発電をミャンマーの農村へ”理事、神戸大学名誉教授
4 ヒマラヤ地震博物館 ~ネパール・ヒマラヤの環境変動研究から考える~ 伏見 碩二 カトマンドウ大学客員教授、滋賀県立大学名誉教授、北海道大学山の会(AACH)
5 中国の水資源・水環境をめぐって ~沿岸部と内陸部の対比から~ 窪田 順平 総合地球環境学研究所教授、AACK

備考:

  1. 講師、演題、講演の順序など変更ある場合は、ご了承をお願い致します。
  2. 今回も、開催時刻を15分早めて12時45分としています。ご注意願います。
  3. (7/21追記)当初のご案内では(土)と書いておりましたが、実際には日曜日です。お詫びして訂正します。上記ご案内では訂正済みです。
  4. 前回以降、雲南懇話会は、京都大学ヒマラヤ研究ユニット&AACK共催となりました。京都大学ヒマラヤ研究ユニットのことは、以下のURLをご覧ください。
    http://www.kyoto-bhutan.org/ja/news/139_2016-02-15.html
  5. 講師の大津先生ご夫妻は、“アウンサンスーチー氏とは40年来の友人”だそうです。2015年11月24日付「毎日新聞」夕刊に、「ミャンマー民主化への祈り」と題する特集ワイド記事があります。ご夫妻への取材に基づく記事です。
    NPO法人の概要は、以下をご覧ください。https://sites.google.com/site/shptovm/home
  6. 中国の水環境、水事情については、今後様々な観点から、その実態の把握に努め、理解を深めていきたいと思っています。まずは今回、「概観」をお願いしています。

Additional information