3/1 講演要旨を追加
4/24 受付等の情報を修正・追加

第14回雲南懇話会は、2010年4月17日に、東京/市ヶ谷で開催いたします。幅広い方々のご参加をお待ちいたしております。

JICA研究所の改装に伴い、雲南懇話会の「受付」は2階に設置することになりました。1階は素通りして「2階」に直行ください。

今回は、シルクロード的に言うと、児玉さんの「エチナ」は 漢と匈奴の壮絶な主戦場となった地域の一つ。ダニエルスさんのお話は西南シルクロードの通る地域の歴史話、なかなかに伺う機会の少ない「タイ文化圏」のお 話です。

また、茶話会では、ちょっとした趣向を凝らし、気持ばかりの余興を用意しております。

参加希望の方は、前田栄三(e3maeda*ab.auone-net.jp)、小林尚礼(bakoyasi*nifty.com)まで(メールア ドレスは、*の部分を@に変更して下さい)ご一報いただきますようお願いいたします。当日参加も構いませんが、予め参加者名簿にお名前を記載出来ませんので、ご了承ください。

【添付資料】

20100417_14_brochure.pdf/第14回雲南懇話会開催のご案内.pdf

20100417_14_preceding.pdf/第14回雲南懇話会講演要旨等.pdf

概要

第14回 (2010年4月17日(土)東京市ヶ谷・JICA研究所/ 国際会議場
  演 題
発 表者
所 属
1 樹木医の見た雲南の暮し
-雲南懇話会・第7回Field Work、2009年11月-
渡邊 裕之 日本樹木医会愛知県支部
2 白鷹の峰 ロプチン(KG-2)6,805m・初登頂
-ヒマラヤの東・カンリガルポ山群、2009-
井上 達男 神戸大学山岳会, 神戸大学・中国地質大学(武漢)合同学術登山隊(日本側)隊長
3 中国 内モンゴル牧畜民の 暮し
-中国とモンゴル国の国境の町エチナから-
児玉 香菜子 千葉大学 文学部
4 アフリカ・ウガンダ国にお けるネリカ(New Rice for Africa)の研究と普及活動 西牧 隆壮 独立行政法人 国際協力機構
5 雲南タイ族の年代記
- 明朝末期の徳宏州(雲南省西南部・ムンワン / 隴川)の物語-
Christian DANIELS 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所

 

 

次回、第14回雲南懇話会のご案内をいたします。2010年4月17日に東京・市ヶ谷で開催いたします。ご予定に入れておいていただけると幸いです。

  1. 日時; 2010年4月17日(土)13時00分~17時30分。茶 話会;17時30分~18時40分。
  2. 場所;  JICA研究所(旧国際協力総合研修所)国際会議場。茶話会は会議場前のロビーで行います。
    http://jica-ri.jica.go.jp/ja/about/access.html

    JR中央線・総武線「市ヶ谷駅」下車、徒歩10分。
    東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅(6番出口)」下車、徒歩10分
    住所;新宿区 市ヶ谷本村町10−5
  3. 懇話会の内容  <題名、順序等の変更の可能性があります。>
    (上記参照)
  4. 懇話会参加費用;@2,000円。ご夫婦の場合は、2人で3,000円、学生・院生は無料。
    茶話会参加費用;@1,500円。ご夫婦の場合は、2人で2,000円、学生・院生・女性は500円。
  5. 参加申し込み;前田栄三(e3maeda*ab.auone-net.jp)、小林尚礼(bakoyasi*nifty.com)まで(メールア ドレスは、*の部分を@に変更して下さい)。当日参加も構いませんが、予め参加者名簿にお名前を記載出来ませんので、ご了承ください。

著作権について

媒体の如何を問わず、本ホームページに掲載している全体または1部を転載或いは複製し、頒布などの目的による利用を希望される時は、事前にご連絡ください。詳しくは、著作権についてをご覧下さい。

内容には万全を尽くしておりますが、誤り・不適切な表現などを発見されましたら、管理人までご連絡いただければ幸甚です。

システム更新の影響により、一部のPDFのアドレスが変更になっています。その結果、検索結果から直接PDFにジャンプすると「404 - ページが見つかりません」エラーがになります。アドレスの中に「年月日_回_発表順序」の数字の羅列が見つかった場合、メニューから、回、発表順序の順で辿っていただければ、PDFへの新しいリンクが見つかると思います。また、アドレスの中に、「article/4桁以内の数字/」という文字列が見つかった場合、http://www.yunnan-k.jp/k/p/に続けて4桁以内の数字を入力すると、当該記事を表示できます。