4 / 21、終了しました。

第44回雲南懇話会は、2018年4月21日(土)に開催いたします。ご予定に入れておいて頂ければ幸いです。

残席が少なくなりました。満席の場合はご了承願います(4/7追記)

概要

第44回

日時;2018年 4月21日(土)13時00分~17時00分。茶話会;17時00分~18時00分。
場所;京都アカデミアフォーラム(東京駅前、新丸の内ビル10階)

  演題
発表者
所属
1 京でも見えたオーロラ-明和7年の巨大磁気嵐 〜2018年1月、文理融合シンポジウムの成果紹介〜 山岸 久雄 国立極地研究所名誉教授、AACK
 2 ヒマラヤ氷河研究最前線 〜2009年のヒマラヤ氷河スキャンダルとその後の展開〜 藤田 耕史 名古屋大学大学院 環境学研究科教授、笹ヶ峰会
3 尾瀬と共に54年 〜札幌、京都を結んで〜 平野 紀子 尾瀬沼畔 長蔵小屋三代目
4 通える夢は崑崙の 高嶺の彼方ゴビの原 〜李陵説話と西域慕情〜 冨谷 至 龍谷大学教授、京都大学名誉教授(中国法制史)
5 総括(まとめ) 安仁屋 政武 雲南懇話会代表、筑波大学名誉教授

備考:

  1. 参加ご希望の方は、資料準備部数の都合上、下記添付資料のご案内に書かれた連絡先までご連絡いただきますようお願いいたします。
  2. 講師、演題、講演の順序など変更ある場合は、ご了承をお願い致します。
  3. 入館には、2か所で専用のIDカードが必要です。1箇所は、地下1階の新丸ビル入口(スターバックスの前)。もう1箇所は館内1階のエレベーターホール入口です。2か所共に「雲南懇話会」と表示した立て看板を用意し、カードを所持した雲南懇話会幹事を配置いたします。配置する時間帯は12時20分~13時15分の間とします。なお、新丸ビルを退出する場合は自由ですが、再入館はカードが必要になります。ご注意ください。
  4. 雲南懇話会は、雲南懇話会主催、京都大学ヒマラヤ研究ユニット&AACK共催で行われています。

Additional information