12月12日(土)に開催した第52回雲南懇話会は、お蔭さまで用意した50席満席となる参加をいただき終了しました。コロナ禍の最中にも拘わらず、変わらぬご支援ご協力に感謝します。

ご講演いただいた講師の皆様、ありがとうございました。

⇒「講演の概要」を読む

(撮影: 岩脇 康一)

概要

第52回

日時;2020年12月12日(土) 13時00分~17時30分。
              第2部;18時00分〜19時00分。
場所;国際協力機構(JICA)研究所、国際会議場(東京市ヶ谷)

アクセス:https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/about/access.html

  演題
発表者
所属
1 稲葉 香 ネパール探求家、美容師
2 トピック 1.「鷹と生きる ~東北・山形での鷹狩と暮らし~」 松原 英俊/(聞き手;谷山 宏典) 鷹匠(聞き手明治大学体育会山岳部ヘッドコーチ・炉辺会)
 3 トピック 2.「ツキノワグマに出逢ったらどうする?」 山崎 晃司 東京農業大学地域環境科学部 教授
4 トピック 3.「昨今の日本のエネルギー事情を考える」 多田 裕一 一般財団法人石油開発情報センター事務局長、(前)独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構本部付特命審議役
   第2部 スライドショー (50分)    
西ネパール 〜 辺境に魅せられて 〜』(ドルポ、ムスタン、フムラ訪問の記録)  稲葉 香  ネパール探求家、美容師

近日中に更新予定です。

まず、稲葉 香 氏(ネパール探求家、美容師) から、『 極寒のドルポ越冬 〜122日間の記録〜』と題した発表をいただきました。

 

次に、松原 英俊 氏(鷹匠)/(聞き手;谷山 宏典 氏(明治大学体育会山岳部ヘッドコーチ・炉辺会)) から、『トピック 1.鷹と生きる ~東北・山形での鷹狩と暮らし~』と題した発表をいただきました。

 

Additional information