次に、近藤 和美 氏(登山家、高峰ガイド、Snow Leopard Award受賞者、8000m峰9座登頂者)から、『パミール・天山7,000mの峰々からヒマラヤの高峰へ』と題した発表をいただきました。

 

添付資料の参考資料1に関して:
日本勤労者山岳連盟(JWAF)の承諾を得て、JWAF機関誌「登山時報」のURLを掲載しています。
2020年1月号(No.539)から、内容が公開されています。
https://www.jwaf.jp/publication/magazine/backnumber/index.html

添付資料の参考資料3に関して:近藤和美「NO LIMIT 限りなき山行」(中央アジアの高峰)「登山時報 No.527~No.541」2019年1月号(No.527)から2020年3月号(No.541)までの延べ14回に亘り、近藤和美氏による「NO LIMIT  限りなき山行」と題する中央アジア(パミール、天山山脈)の高峰に関する紹介記事が、連載されました。今般、日本勤労者山岳連盟と近藤和美氏の承諾を得て、No.527からNo.541まで連載された「NO LIMIT  限りなき山行」(PDF版)を一括して掲載致します。

 次に、上原 美奈子 氏(雲南懇話会幹事、Tea literacy)から、『茶を育てて見えてくること-雲南省(徳宏州)南見村と島根県柿木村から-』と題した発表をいただきました。

 

 最後に、山極 壽一 氏(京都大学 (前) 総長)から、『【特別講演】ゴリラに学ぶ-ヒトの未来、地球の未来-』と題した発表をいただきました。

 

 

参考文献:山極壽一「共生の智慧――今西自然学と日本人の自然観から未来の社会を構想する」

日独文化研究所編『共同研究 共生――そのエトス、ロゴス、パトス』 (こぶし書房、2020年)に収録された論文。 こぶし書房の了解のもと、この本へのリンクを紹介します。

http://www.kobushi-shobo.co.jp/book/b529146.html

 

添付資料の参考資料に関して:総合地球環境学研究所の承諾を得て、掲載しています。
山極壽一所長のインタビュー記事(p2~p6)「日本からの地球環境学  「人間を知る」学問に」 PDF版 

参考資料:令和元年9月19日付「日本学術会議会長 山極 壽一」 から国民に宛てた「地球温暖化」への取組に関する緊急メッセージ、です。
日本学術会議会長談話「地球温暖化」への取組に関する緊急メッセージ (scj.go.jp) 

 

スライドショーとして、稲葉 香 氏(ネパール探求家、美容師、2020年植村直己冒険賞受賞者)から、『西ネパールの辺境に魅せられて‐河口慧海師の足跡、フムラ・ドルポ越冬』と題した発表をいただきました。

 

 

参考資料1:河口慧海の足跡を辿って 〜かっての王国ムスタンと聖地ドルポ〜 - 雲南懇話会 (yunnan-k.jp) 

参考資料2:席上配布資料:極寒のドルポ越冬_122日間の記録.pdf (yunnan-k.jp) 

参考資料3:プロジェクタ資料:極寒のドルポ越冬 122日間の記録.pdf (yunnan-k.jp)

参考資料4:稲葉 香(2022)「西ネパール・ヒマラヤ最奥の地を歩くームスタン、ドルポ、フムラ ヘの旅」 渓流社

Additional information