2011/10/23 行動記録を添付

2011年2月19日より9日間、第1回「タイ文化圏」スタディツアーとして、タイ王国のチェンマイを中心とする西北地域を訪問(全6名)してきました。

タイの最高峰に立ち、北タイに残るビルマ戦線戦没者の慰霊碑にお参りしてきました。

2月20日(第2日<日>)

ホテルから程遠からぬ街中にある寺院で大きな菩提樹があった。慰霊碑巡拝の初日である。白いお寺の礼拝所風の資料館の前に慰霊碑が建っていた。上部には「慰霊 戦友よ安らかに眠れ」と書かれた青銅製の銘板が埋め込まれていた。銘板には、ここを訪れ慰霊碑を建立した全国戦友連合会ビルマ・タイ戦跡慰霊巡拝団により『1970(S-40)年2月2日 吾戦友一同タイ国のこの戦跡を訪れ亡き戦友の慰霊・法要を営み謹んでこの銘を納む 於チェンマイ野戦病院跡』とあり、下部には印緬戦跡慰霊団が1980(S-55)年に納めた同じく青銅製の銘板が埋め込まれていた。

(続きは、添付ファイルをご覧ください。)

 

第20回懇話会にも報告がありますので、合わせてご覧ください。

Additional information