川野 明正氏による『雲南省の神像呪符「甲馬子」に生きつづける中国祭祀版画の祈りの世界』(ヒマラヤ学誌 No.11, 232-246, 2010)を、ヒマラヤ学誌編集委員会(編集責任者;松林公蔵京都大学教授)の承諾を得て、掲載しています。

雲南省の神像呪符「甲馬子(ジャーマーツ)」に生きつづける中国祭祀版画の祈りの世界

川野 明正

目次


雲南の神像呪符「甲馬子」について
・冥界通信メディアとしての神像版画
・神像版画を伝える人々

紙馬類の起源──神像版画・呪符・紙銭
・紙馬鋪
・紙馬類の成立と紙銭

「紙馬」名称考──馬の信仰文化との関わりから
・供儀との関係
・神々の乗り物としての説
・神々の依代(よりしろ)としての説
・縁起物としての馬と宋代の年越し習俗

雲南省の神像版画「甲馬子」
・馬像版画の役割
・雲南での甲馬子の歴史
・雲南少数民族と甲馬子

甲馬子の製作者と販売者
・雲南甲馬子の特徴
・保山市の神像版画「神馬紙」の製作者と販売者

甲馬子にみる祈りの世界
・日常生活での祭祀
・年中行事
・祭祀儀礼での使用
・消災祭祀
・むすび

附記

(本文は、添付ファイルをご参照くださいませ。)

 

Additional information