栗本 俊和氏による『ルウェンゾリ、スタンレー山塊(マルガリータ峰)登頂―2012年2月―』(ヒマラヤ学誌 No.16, 194-203, 2015)を、ヒマラヤ学誌編集委員会(編集責任者;松林公蔵京都大学教授, 奥宮清人京都大学准教授)の承諾を得て、掲載しています。

ルウェンゾリ、スタンレー山塊(マルガリータ峰)登頂―2012年2月―

栗本 俊和

 アフリカで氷河のある山は、キリマンジャロ、ケニア山とルウェンゾリの3 山のみであり、5000m 以上の山と一致する。ルウェンゾリは、アフリカ中央部のウガンダ共和国とコンゴ民主共和国の国境に位置し、ルウェンゾリ山地(または山群)とも呼ばれ連山をなしており、山地の長さは約120 km、幅65 km である。キリマンジャロ、ケニア山とは異なり火山ではなく、アフリカ大地溝帯に属する西リフトバレーの側面が隆起したことにより形成された。300 万年前のプレート運動で傾斜し、上方へ圧縮して片麻岩や花崗岩からなる山体が出来たと考えられている。

(以下、添付ファイルをご参照くださいませ。)

Additional information