4月21日(土)開催の第5回雲南懇話会は、91名の参加を得て、盛況のうちに終了致しました。多数ご参加いただき、誠にありがとうございました。

第5回 (2007年4月21日(土)、東京市ヶ谷・JICA国総研/ 国際会議場)
  演題 発表者 所属
1 聖山 梅里雪山の麓から(5) -豊饒のチベット その暮らしと知恵- 小林 尚礼 写真家, AACK
2 シーサンパンナ、茶馬古道、援蒋ルートの戦跡を訪ねて
―第3回フィールドワークより―
秋畑 進 タイ学究家
3 ブータン・ヒマラヤにおける氷河縮小と氷河湖拡大 内藤 望 広島工業大学環境学部, 笹ヶ峰会
4 ザンスカールとラダック(インド)
-現代と20数年前・1世紀前 / 現代に残るチベット文化圏の写真紹介-
長岡 正利 国土地理院客員研究員, いであ(株)
5 雲南の生態資源
-少数民族の生活基盤としての山・森・川の資源利用-
山田 勇 京都大学名誉教授, 立命館アジア太平洋大学客員教授
まず、小林 尚礼氏(写真家, AACK)のご発表をいただきました。演題は、『聖山 梅里雪山の麓から(5) -豊饒のチベット その暮らしと知恵-』でした。
<添付資料>
Download this file (20070421_05_01_kobayashi_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン版).pdf[ ]0 kB

2番目に、秋畑 進氏(タイ学究家)のご発表をいただきました。演題は、『シーサンパンナ、茶馬古道、援蒋ルートの戦跡を訪ねて ―第3回フィールドワークより―』でした。

<添付資料>
Download this file (20070421_05_02_akihata_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン版).pdf[ ]0 kB

3番目には、内藤 望氏(広島工業大学環境学部, 笹ヶ峰会)のご発表をいただきました。演題は、『ブータン・ヒマラヤにおける氷河縮小と氷河湖拡大』でした。

<添付資料>
Download this file (20070421_05_03_naito_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン版).pdf[ ]0 kB

4番目には、長岡 正利氏(国土地理院客員研究員, いであ(株))から、『ザンスカールとラダック(インド)  -現代と20数年前・1世紀前 / 現代に残るチベット文化圏の写真紹介-』と題した発表をいただきました。

(2011/02/04追記)当日配布資料のスキャンが美しくなかったので、ご本人から提供いただいたpdfに差し換えました。

(2011/10/16追記)地名を一部改訂し、2011年夏の現地写真などを加えた増補版をご本人から提供いただきましたので、更新版として掲載しました。

5番目には、山田 勇氏(京都大学名誉教授, 立命館アジア太平洋大学客員教授)から、『雲南の生態資源 -少数民族の生活基盤としての山・森・川の資源利用-』と題した発表をいただきました。
<添付資料>
Download this file (20070421_05_05_yamada_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン版).pdf[ ]0 kB

Additional information