12月1日開催の第7回雲南懇話会は、お蔭様で85名の参加を得て終了しました。皆様のご支援ご協力に感謝を申し上げます。

第7回 (2007年12月1日(土)、東京市ヶ谷・JICA国総研/ 国際会議場)

演題 発表者 所属
1
崑崙山脈西部の山旅、6232m峰&6468m峰初登頂
―2007年7~8月の記録―

川久保 忠通

(前)高エネルギー加速器研究機構, AACK

2
ラダック・ザンスカールの旅
-2007年8~9月の記録-

松浦 祥次郎 (財)原子力安全研究協会, AACK
3
雲南の茶馬古道
-シーサンパンナから徳欽に至る古道の旅-

小林 尚礼 写真家, AACK
4
モンゴルの山と氷河の概要
門田 勤
(前)海洋研究開発機構 地球環境観測フロンティア, 笹ヶ峰会
5
西南シルクロードと雲南の棚田文化
-アッサム・プラマプトラ河谷丘陵を含む少数民族の生活基盤-

安藤 和雄
京都大学東南アジア研究所
<添付資料>
Download this file (20071201_07_brochure.pdf)開催案内(pdf)[ ]0 kB
まず、川久保 忠通氏((前)高エネルギー加速器研究機構, AACK)のご発表をいただきました。

演題は、『崑崙山脈西部の山旅、6232m峰&6468m峰初登頂 ―2007年7~8月の記録―』でした。

2番目に、松浦 祥次郎氏((財)原子力安全研究協会, AACK)のご発表をいただきました。

演題は、『ラダック・ザンスカールの旅 -2007年8~9月の記録-』でした。

<添付資料>
Download this file (20071201_07_02_matsuura_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン版).pdf[ ]0 kB

3番目には、小林 尚礼氏(写真家, AACK)のご発表をいただきました。

演題は、『雲南の茶馬古道 -シーサンパンナから徳欽に至る古道の旅-』でした。

<添付資料>
Download this file (20071201_07_03_kobayashi_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン版).pdf[ ]0 kB

4番目には、門田 勤氏((前)海洋研究開発機構 地球環境観測フロンティア, 笹ヶ峰会)から『モンゴルの山と氷河の概要』と題した発表をいただきました。

<添付資料>
Download this file (20071201_07_04_kadota_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン).pdf[ ]0 kB

最後に、安藤 和雄氏(京都大学東南アジア研究所)から、『西南シルクロードと雲南の棚田文化 -アッサム・プラマプトラ河谷丘陵を含む少数民族の生活基盤-』と題した発表をいただきました。

<添付資料>
Download this file (20071201_07_05_ando_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン).pdf[ ]0 kB

Additional information