(10/24 演題確定に伴い更新)
(12/04 カシュガール出身の女子留学生グリジャナテ アバケ氏の話題を追加、一部の演題の要旨を掲載)

第10回雲南懇話会は、2008年12月13日に、東京/市ヶ谷で開催いたします。幅広い方々のご参加をお待ちいたしております。参加希望の方はこの記事の最後にある連絡先迄ご一報いただきますようお願いいたします。

概要

  演題
発表者
所属
1 易貢蔵布(イゴンツァンポー)流域の山と谷、2008年春 今井 順一 東北大学山の会
2 西域情報戦の世紀 / カシュガル
−「マカートニー(英国外交代表)夫人のカシュガル滞在記」より−
金子 民雄 歴史家
【補足】カシュガル小史
−画像による寸描−
長岡 正利 国土地理院客員研究員
【関連】KASHGAR の今 グリジャナテ アバケ(GULJIANATI ABAKE) 千葉大学大学院理学研究科修士課程
3 雲南の道
-塩の交易とタカラガイ-
上田 信 立教大学文学部
4 雲南省の神像呪符『甲馬子(ジャーマーツ)』と民間信仰の世界 川野 明正 明治大学法学部

 

第10回雲南懇話会は、2008年12月13日(土)に開催を予定しております。

場所は東京/市ヶ谷のJICA国総研の施設で行うべく仮の予約をしておりますが、当該施設使用の可否が確定するのは9月中旬となりますので、その時点で改めてご案内することにいたします。

次回もまた、よろしくご参集くださるようお願い申し上げます。

Additional information