2011年4月23日(土)開催の第18回雲南懇話会は、115名(内、学生院生は12名)の参加のもとに和やかな雰囲気の裡に終了いたしました。皆様から寄せられた様々なご支援ご協力に感謝致します。ご講演いただいた講師の皆様、素晴らしいお話をありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

茶話会も75名が参加され、懇親を深めました。東北の銘酒・秩父の銘酒・筑波の珍しい日本酒・貴重な焼酎など等差入れもありました。お陰様で、用意した酒肴は全て無くなりました。お名前は控えますが、差入れいただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

(撮影:長岡正利)

次回は、2011年7月9日(土)に東京市ヶ谷のJICA研究所で予定しています。内容が固まり次第、別途ご案内致しますので、よろしくお願いします。

概要

第18回 (2011年4月23日(土)、東京市ヶ谷・JICA研究所-国際会議場)
  演題
発表者
所属
1 雲南西北部の旅-第8回雲南Field work、2010年秋
-変化の激しさと多民族共生の重要さを実感-
中北 宏八 元) 朝日新聞記者
前) 呉大学
2 南詔国・大理国の歴史と雲南白族の歴史観
-阿嵯耶観音伝説を中心に-
立石 謙次 東海大学
3 ブータン王国、国民総幸福(GNH)という開発理念と農村開発 河合 明宣 放送大学教養学部
4 剱沢幻視考
-駆り立てられた山々「冬黒部、剱、海外の山々」-
和田 城志 サンナビキ同人
5 極地から地球を見る
-しらせ探検から100年目の日本の南極観測-
山岸 久雄 国立極地研究所
AACK 

2014/1/13 後日配付資料を追加

20110423_18_01_nakakita_72x9620110423_18_01_nakakita_projector_pageXX_128x96まず、『雲南西北部の旅-第8回雲南Field work、2010年秋 -変化の激しさと多民族共生の重要さを実感-』と題して、中北 宏八 氏(元) 朝日新聞記者・前) 呉大学教授)のご発表をいただきました。

≪以下、講演要旨よ り≫

2010年11月、第8回雲南Field workに参加した。標高1900mほどの省都昆明を基点に、北西710km、標高3300mほどのシャングリラ(香格里拉)との間を往復した。雲南大学 のバスで、麗江、大理などを回った。チベット族、イ族、ペー族、ナシ族などの少数民族が多く住み、雲南とチベットとを結ぶ交易で栄えた茶馬古道を辿る旅で あった。初参加の私は、中国旅行僅か3回目にすぎないが、巨大中国の激しい変貌を実感し、盛衰の歴史を経て多民族が共生する姿に今後の世界のあり方を示唆するとさえ思った。

なお、このField Workに基づく論考が、ヒマラヤ学誌第13号に掲載されております。また、詳細な旅行記は、中北様のブログに掲載されています。ご参考まで。
http://pub.ne.jp/knaka/?entry_id=3395741

20110423_18_02_tateishi_72x9620110423_18_02_tateishi_projector_page01_128x96次に、『南詔国・大理国の歴史と雲南白族の歴史観 -阿嵯耶観音伝説を中心に-』と題して、立石 謙次 氏(東海大学文学部東洋史専攻 専任講師)のご発表をいただきました。

≪以下、講演要旨等 よ り≫

 南詔国は7世紀後半から10世紀初頭にかけて、今の中国雲南地方を上回る広い地域を支配した。その後半には阿嵯耶観音を中心とした雲南特有の仏教を信仰した。この信仰は南詔国滅亡後、雲南地方を支配した大理国にも引き継がれていく。12世紀中葉には、雲南地方はモンゴル・元朝によって滅ぼされ、中国に組み込まれた。

その後、阿嵯耶観音信仰は現代白族の祖先たちの始祖伝説として受け継がれていった。

20110423_18_03_kawai_72x9620110423_18_03_kawai_projector_page01_128x963番目には、河合 明宣氏(放送大学教養学部教授)にご発表いただきました。演題は『ブータン王国、国民総幸福(GNH)という開発理念と農村開発』でした。

≪以下、講演要旨よ り≫

開発の速度を抑え、自然、文化、宗教心を大切にし、ものの豊かさよりも心の豊かさを求める幸福の国として、ブータン王国が注目されている。四代国王は、森林や文化・伝統・宗教という地域「資源」保全を通した漸進的開発こそが、総幸福社会につながるとする長期ビジョンを掲げ、国民を国づくりに巻き込んだ。この過程を概観し、自然再生可能資源(第1次産業と電力)と第3次産業(エコーツーリズム)に支えられた経済政策をみる。

20110423_18_04_wada_72x9620110423_18_04_wada_projector02_pageXX_140x964番目には、和田 城志 氏(サンナビキ同人)から『剱沢幻視考-駆り立てられた山々「冬黒部、剱、海外の山々」-』と題した発表をいただきました。後半は、未発表写真を含む黒部・ナンガパルパット等のスライドを見せていただきました。

≪以下、講演要旨よ り≫

山 -その駆り立てるもの- 山岳雑誌『岳人』に連載した「剱沢幻視考」の中から、冬の剱岳、雪の黒部、そしてナンガ・パルバットの魅力を語りながら、私の目指してきた登山をお話します。

未踏峰とバリエーション登攀の時代背景は大切です。山に登る魅力はどこにあるのかも、模索してみたいと思います。当然、登山におけるパイオニアワークにも言及すると思います。今どきのテーマではありませんが、私の辿ってきた道には不可欠です。元登山家の愚痴として聞いていただければ、幸いです。

(撮影:和田 城志, 他)

参考資料「登山における困難とは何か」 (文科省国立登山研修所発行「登山研修」vol.9-1994、P7~13)
http://tozanken-tomonokai.com/CCP061.html

20110423_18_05_yamagishi_72x96最後に、山岸 久雄氏(国立極地研究所教授(宇宙圏グループ)、AACK)から、『極地から地球を見る-しらせ探検から100年目の日本の南極観測-』と題した発表をいただきました。

≪以下、講演要旨より≫

アムンゼン、スコットが南極点に到達した1911年~1912年、開南丸という小さな船で南極海に挑み、氷原を犬橇で走り、南緯80度に到達した日本人たちがいた。白瀬中尉を隊長とする南極探検隊である。今年は、この探検隊の出発から100年。白瀬の辞世の歌「我れ無くも必ず 捜せ南極の地中の宝世にいだすまで」に応えるかのように、日本の南極観測は今年で54年目を迎え、地球の環境を知る上で宝となる観測成果を世界に発信し続けている。最近の観測成果と、それを支える観測隊員、南極基地の生活を紹介する。

Additional information