14日に開催しました第21回雲南懇話会は、生憎の天候にも拘わらず、105名の参加を得て盛況裡に終了いたしました。ご参加いただいた皆様のご支援ご協力に感謝します。講師の皆様、誠にありがとうございました。

  1. AACK会員の伊藤 寿男さんは、2009年のレルー谷に続く2011年の探査で、レナック谷とギアブル谷の未踏峰探検を行いました。今回、その未踏峰の概要を紹介いただきました。
  2. 写真家の小林尚礼さんには、ブータン東部のメラック・サクテン地方とインド北東部のアルナーチャル・プラデーシュ州の山岳地帯に残る伝説、言い伝え、祭を紹介いただきました。
  3. 早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程の橋本 彩(さやか)さんには、ラオスの競漕祭にみられる儀礼の象徴性および近年の変化について報告いただきました。中国の影響が強い場所においては舟の舳先に龍を飾り、イ ンドの影響が強い場所においては舳先にナーガを象る(かたどる)風習がり、いずれも水を司る神とされているため、祭りの目的は稲作に関連した雨乞いや豊 穣祈願であることが多いとのことでした。
  4. 名古屋大学大学院環境学研究科准教授の横山 智(さとし)さんには、ラオスの人々の焼畑と森林利用を通して、森と人との関わりをどのように捉えるべきか考えていきたいとして、ラオスが経験している森と 人間との関係性の変化に、途上国の環境問題の縮図を重ね合わせて、概説いただきました。焼畑を連続性の視点から再考すれば、従来とは異なる価値を見いだせ得る点を、力説されていました。
  5. 京都大学名誉教授の左右田健次さんは、お茶の起源、製法、形態、飲み方、原産地、歴史、文化史、茶の旨味成分テアニンと発見者・酒戸弥二郎さんのこと…など等、教養溢るる、文字通りのあれこれ話を系統立ててお話いただきました。中国近代史の起点となったアヘン戦争(1840~1842年)、アメリカ独立戦争の発端 となったボストン茶会事件(1773年)にも触れられています。

(撮影:長岡正利)

概要

第21回 (2012年4月14日(土)、東京市ヶ谷・JICA研究所-国際会議場)
  演題
発表者
所属
1 隠れたる未踏峰の宝庫
-2011年 インドヒマラヤ・ザンスカール南部の探検-
伊藤 寿男 AACK
2 ヒマラヤの自然信仰と祭り
-ブータンとインド北東部(アルナーチャル・プラデーシュ)から-
小林尚礼 写真家、AACK
3 水の神: 龍・ナーガに捧げる競漕祭と稲作文化
~アジアにおける拡がりとラオスの現状~
橋本 彩(さやか) 早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程    
4 焼畑再考
-ラオス山地民の森林利用から学ぶもの-
横山 智 名古屋大学大学院環境学研究科
5 お茶
-起源、歴史など、あれこれ話-
左右田 健次 京都大学名誉教授(微生物生化学), AACK

まず、『隠れたる未踏峰の宝庫 -2011年 インドヒマラヤ・ザンスカール南部の探検-』 と題して、伊藤 寿男(京都大学学士山岳会)のご発表をいただきました。

≪以下、講演要旨より≫

インドの北西部にあるザンスカールの南部には、これまで登山家や探検家が足を踏み入れたことのない未知の谷が幾つか残っており、知られざる6000m前後の未踏峰が未だに沢山眠っている。

2009年のレルー谷に続く2011年の探査で、レナック谷とギアブル谷の未踏峰探検を行ったので、その概要を紹介する。

次に、『ヒマラヤの自然信仰と祭り -ブータンとインド北東部(アルナーチャル・プラデーシュ)から-』と題して、小林 尚礼氏(写真家、AACK)のご発表をいただきました。

 

≪以下、講演要旨より≫

ブータン東部のメラック・サクテン地方とインド北東部のアルナーチャル・プラデーシュ州の山岳地帯には、遊牧民ブロクパや農耕民モンパといった同じ民族が国境を隔てて暮らしています。彼らは500年ほど前に、女神アマ・ジョモに導かれて、寒冷なチベットから緑豊かなヒマラヤ南麓にやって来たという伝説を共有しています。山や湖、そして何気ない木や石にも女神にちなんだ言い伝えがあり、それらに祈る祭りがあります。彼らの聖地と祭りについて紹介します。

3番目には、橋本 彩(さやか)氏(早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程)にご発表いただきました。演題は『水の神:龍・ナーガに捧げる競漕祭と稲作文化」-アジアにおける拡がりとラオスの現状-』でした。

≪以下、講演要旨よ り≫

競漕祭は東アジアから東南アジア、南アジアに至るまで広く行われている年中行事である。中国の影響が強い場所においては、舟の舳先に龍を飾り、インドの影響が強い場所においては舳先にナーガを象るかたどる風習がある。いずれも水を司る神とされているため、祭りの目的は稲作に関連した雨乞いや豊穣祈願であることが多い。本発表ではラオスの競漕祭にみられる儀礼の象徴性および近年の変化について報告する。

4番目には、横山 智氏(名古屋大学大学院環境学研究科准教授)から『焼畑再考 -ラオス山地民の森林利用から学ぶもの-』と題した発表をいただきました。

≪以下、講演要旨よ り≫

ラオスが経験している森と人間との関係性の変化に、途上国の環境問題の縮図を見ることができる。何世紀もの間、人びとは森とうまく付き合いながら生活してきた。しかし、急速に進んだグローバル化と社会主義国の経済改革の波、さらに世界的な環境保護の気運の高まりによって、人と自然の関わり方が大きく変化した。本発表では、ラオスの人々の焼畑と森林利用を通して、森と人との関わりをどのように捉えるべきか考えていきたい。

最後に、左右田 健次氏(京都大学名誉教授(微生物生化学)、AACK)から、『お茶 -起源、歴史など、あれこれ話-』と題した発表をいただきました。

≪以下、講演要旨より≫

茶は加工した茶葉あるいはこれを原料とする飲料です。英語のTea, ドイツ語のTee, 日本語のチャ、ロシア語のChaiなど、その呼び名は中国の南部や北部の言葉に由来し、原産地は中国雲南、四川地方です。茶はカテキン、テアニン、各種のビタミン、ミネラルを含みます。製茶において発酵過程を含む紅茶、黒茶と含まない緑茶に分類されます。茶は伝説ではBC28世紀、歴史的にはBC59年頃、四川を起源とし、製法、形態、飲み方は時代、土地により変化しました。茶の文化史についても触れます。

Additional information