2012年12月15日(土)に開催しました第23回雲南懇話会は、師走の気忙しい時期、霧雨模様の天候にも拘わらず、100名のご参加を得て和やかな裡に終了致しました。ご参加いただいた皆様のご支援ご協力に感謝します。

茶話会では、日本酒・ワインなど多数の差し入れをいただきました。ありがとうございました。

ご講演いただいた講師の皆様、誠にありがとうございました。

⇒「講演の概要」を読む

(撮影:劉麗梅)

第23回 (2012年12月15日(土)、東京市ヶ谷・JICA研究所-国際会議場
  演題
発表者
所属
1 ラダック、チベット密教の地を訪問して、2012年 -ゴンパと祭り、インドヒマラヤ/ ザンスカールの未踏峰 紹介- 芝田 正樹 AACK
2 インドヒマラヤ、ナンダデビ山群カランカ峰(6931m)北壁初登攀 -2009年第17回ピオレドール授賞、そして今- 天野 和明 ICI石井スポーツ(株)、明治大学炉辺会
3 古箏の調べ  -さえずりが聞こえますか, 波を感じますか-(古箏演奏) 伊藤 志津子 古箏演奏家
4 中国(雲南)の南進策  -中国はGMS (Greater Mekong Subregion) 諸国と協調出来るか- 吉川和夫 日タイ・ビジネスフォーラム
5 ヒマラヤ周域における少数民族による草食家畜の放牧方式  −中国東チベット高原とインド国ジャンムー・カシミール州でのヤク・ヒツジ・ヤギの比較− 長谷川 信美 宮崎大学農学部畜産草地科学科

次回第24回雲南懇話会は、2013年3月30日(土)、東京市ヶ谷のJICA研究所で開催致します。内容が固まり次第、別途ご案内致します。

まず、『ラダック、チベット密教の地を訪問して、2012年 -ゴンパと祭り、インドヒマラヤ/ ザンスカールの未踏峰 紹介-』 と題して、芝田 正樹様(AACK)のご発表をいただきました。

2012年7月、インド北西部にある未知の谷、テマサ谷・ゴンペ谷・ハプタル谷を踏査。標高6000m前後の未踏峰20座を同定。Zanskar の山と花、「小チベット」と称されるラダック、そのチベット密教の寺院と祭り、一妻多夫と13歳の少女の剃髪、チベット難民問題等、紹介された。

「花」の名前の同定では、AACK並河治会員のご指導をいただいたこと、及び「ヒマラヤを越える子供たち」(小学館)の翻訳者(独文和訳)と親戚関係にあることが披露された。

次に、『インドヒマラヤ、ナンダデビ山群カランカ峰(6931m)北壁初登攀 -2009年第17回ピオレドール授賞、そして今-』と題して、天野 和明氏(ICI石井スポーツ株式会社、明治大学炉辺会)のご発表をいただきました。

「インドヒマラヤ、ナンダデビ山群カランカ峰(6931m)北壁初登攀」について、一村文隆、佐藤祐介の両氏と隊を組み2008年9月に行なったこと、その登攀が国際ピオレ・ドール賞を受賞したこと等、明治大学炉辺会の天野和明さんから紹介された。天野さんはローツエ日本人無酸素初登頂を含む8000m峰6座登頂の実績を持ち、夏には富士山公認ガイドとしての顔も持つ。初冬の? 富士山合宿で使用した旧式テントの写真、合宿を終えて下山中の(特に1&2年生の旧式装備を身に纏った)写真を示しながら「明大山岳部の伝統の一端」を紹介、安全登山と冒険の違い、メスナーの「登山は芸術」という言葉の意味合い等、自身の登山観を含めて語られた。

3番目には、『古箏の調べ -さえずりが聞こえますか, 波を感じますか-』と題して、伊藤志津子さんの語り、伊藤さん・森本百合さん・内田律子さんによる古箏演奏が行われました。

中国古典楽器「古筝」は2000年以上も前から弾かれていて、「秦筝」とも呼ばれていた。弦数が時代と共に13(唐),16(清),18,21,25と変化している。現在は21弦が最も普及している。古筝の「曲の特徴」は「地域の特徴」であり、それが「流派」と呼ばれているが、日本の琴の流派とは異なること…等が語られた。古筝演奏5曲と各曲の簡潔な解説が為された。

4番目には、吉川 和夫氏(日タイ・ビジネスフォーラム)から『中国(雲南)の南進策 -中国はGMS (Greater Mekong Subregion)諸国と協調出来るか-』と題した発表をいただきました。

1992年、ベトナム、カンボジャ、ラオス、ミャンマー、タイ国の5ヶ国と雲南省をメンバーとした地域協力プログラム「GMS」が結成された。

同域内の開発は、南進を目論む中国にとって好都合であり、中国は積極的に協力をしたが、高圧的、独善的、利己的だった。

中国は雲南省内のメコン本流4箇所で、水力発電所建設を強行し完工した。経済制裁が解除されたミャンマーを始め、環境が変わり、各国の中国への対応が変わって来た。中国との関連でGMS諸国の動向につき、例示して説明された。当該諸国に対する欧米、特に日本の協力が、中国に対する抑止力になると指摘された。

最後に、長谷川 信美教授(宮崎大学農学部畜産草地科学科)から、『ヒマラヤ周域における少数民族による草食家畜の放牧方式 −中国東チベット高原とインド国ジャンムー・カシミール州でのヤク・ヒツジ・ヤギの比較−』と題した発表をいただきました。

ヒマラヤ山脈周域の高山草原では、少数民族による草食家畜の放牧が行われている。中国青海省玉樹蔵族自治州でチベット族によるヤク、海北蔵族自治州で回族によるヤク、インド国ジャンムー・カシミール州でバックラワル族によるヤギ、グッジャル族によるヒツジとウシ、チャンパ族によるヤク・ヤギの放牧方式について、調査を行っている。ヒマラヤ山脈北東部と南西部での家畜種と放牧方式の違い(遊牧・移牧・定置放牧)を植生と野生動物も含めて紹介された。

青海省玉樹蔵族自治州では2010年4月の大地震で4万頭超のヤクとヒツジが死亡、2012年3月の大雪災害では、8万頭のヤク・ヒツジが餓死したという。

チベット高原に生息しているクチクロナキウサギが、草地を荒らす害獣として駆除されているという、一見して理不尽な話が紹介された。2011年より、このクチクロナキウサギの草原生態系に及ぼす影響について、調査・研究が始まったといいます。

Additional information