次に、『ブータンの小さな診療所 ~ブータン王国東部タシガン県カリンでの試み~』と題して、坂本 龍太氏(京都大学白眉センタ― 特定助教、医師、医学博士、AACK)のご発表をいただきました。

カリン診療所を拠点として高齢者への健診を中心とする包括的な保健体制づくりが行われている。村人自身が主体となり、患者さんを診療所で待つだけではなく、診療所に来られない村人も往診を通じて積極的に取り込む仕組みを目指している。プロジェクトの話とともに、現地に伝わる神や魑魅魍魎の世界、医療を担う毒吸男・毒盛り女の話、魅力あふれる人々やその日常の暮らしぶりについて紹介された。カリン滞在に至る折衝(政府高官、保健大臣、首相)過程の描写は迫力があった。

Additional information