まず、『インド横断、自転車紀行 ~Asian Highway1・パキスタン国境からカルカッタまで、2,069 km~』 を、芳井 健一 氏(サイクリスト、通訳案内士、会社員)からご発表をいただきました。

アジアを自転車で走り始めたのは1992年の大連からという。

2013~2015年の間、延べ14日間でインド北部のインダス / ガンジス水系平野部を北西部のパキスタン国境から東部のカルカッタまで横断。文化の大動脈、旧Great Trunk Road、現在のAsian Highway1号線! インド国内区間のNational Highway1号線及び2号線を走行した。街道の風景、鳥や動物、人と暮し、食べ物など、インドの今を紹介された。

講演後にいただいたアネハヅルの舞う姿を添付します。

Additional information