次に、『ブータンにおける学校教育の歴史的変遷 ~学校教育100年史~』と題して、平山 雄大氏(早稲田大学教育・総合科学学術院 教育総合研究所助手)のご発表をいただきました。

ブータンにおける近代学校教育の誕生はおよそ100年前まで遡ることができる。1950年前後からは一般に開かれた学校教育が行われ現在に至っているが、特に先行研究や史資料が乏しい1990年代以前の状況に関しては不明点が多く、その詳細を描出することは難しい。同国の近代学校教育史を「黎明期」、「草創期」、「拡充期①」、「拡充期②」に分け、新情報を交えその変遷を概観された。50年前から、授業は英語で行なわれているとのことである。

Additional information