次に、『地震直後のネパールランタン谷報告』と題して、片岡 泰彦氏(大阪市立大学山岳会)からご発表をいただきました。

大阪市大はランタン谷には縁が深く、日本隊最初のヒマラヤ遭難は当会のランタン・リルンに始まっており、ここ5年間「市大ランタンProj.」としてランタン谷へ登山隊を派遣してきた。今年は最奥のランタン・リの登山中に今回の地震に遭遇した。地震直後のランタン谷の状況写真を紹介された。会場のスクリーン一杯に映写された秀麗なランタン・リ山頂&山容、その地震直後の変貌ぶりが痛ましく、ランタン谷全域の被害の甚大さを象徴しているように感じた。

Additional information