まず、『ネパール、ムスタンの旅 ~雲南懇話会第11回フィールドワークの記録、 2016年4月~』と題して、遠 藤 州氏(桐陰会山岳部OB会、AACK)からご発表をいただきました。

ネパール中部、チベットとの国境に位置するムスタンは、1991年まで外国人の入域が禁止されていた。近年、入域者数は増加しているものの、日本人に限れば年間入域者数は最近でも100人に満たず、あまり知られていない地域である。

演者らは本年4月にムスタンを訪問した。ポカラ(ジョムソン)発着で15日間の旅である。その旅の概要と共に、特に(アッパ−)ムスタンの地形、地質、気象、植生、及びカリガンダギ川両岸の景観(段丘崖、侵食崖、川床)、ジョムソンからローマンタンに至る道路事情など、ムスタンの今を紹介された。雲南懇話会で南井英弘さんから紹介された河口慧海記念館は、ジョムソンの南5kmほどのマルファ村にあります。ローマンタンの北西に位置するマンセイル峰(6235m)は、2014年にJAC女子隊が初登頂しました。アッパー・ムスタンは、この折アドバイザーとして参加した谷口けいさんも歩いた地域ですね。

Additional information