まず、『ヒマラヤから沙漠へ ~K2登頂から人間の営みを訪ねて~』と題して、小松 由佳氏(フォトグラファ-、東海大学山岳部OG)からご発表をいただきました。

高校時代に手に取った一冊の写真集からヒマラヤに憧れ、東海大学山岳部を経て卒業後の数年間、ヒマラヤの世界に飛び込んだ。2007年のパキスタン シスパーレ峰7611m登攀(撤退)後次第に足遠くなり、最後のヒマラヤは5年ほど前に訪れたナンガ・パルバットのルパール谷のトレッキングである。K2登山(登頂)を経て次第にヒマラヤから離れ、草原や沙漠の伝統的な人の暮しやシリア難民の今を写し取る、フォトグラファーとしての現在を紹介された。

2006年、23歳の若さで挑んだK2峰(8611m)登頂の様子は、緊張感・臨場感に溢れ圧巻だった。平易な言葉で穏やかによどみなく語る語り口は、聴く人の心を魅了し、映し出される厳しい画像から、ヒマラヤの大自然に身を置いたときに感じたという「人はみな自然に生かされている」思いを共有し得た。

3名で頂上アタックでC1に向かうも、上級生1名が激しい腹痛で下山したこと。45度以上という斜度・頻発する雪崩・落石の恐怖、狭隘なテントサイト、C3(7900m)から見えたBCの灯り(大きな焚火の炎だった)、頂上の景観・地球は丸いと実感、帰路C3に辿り着けずビバーク、過酷なビバークの様子・生死の境・生還は好天の賜物、この間BCと交信できず自分たちは遭難したとされ実家にも通知された、BC帰着後に祝福に駆けつけたロシア隊4人の若者、自分たちがBCを離れる日・彼ら4人は雪崩に遭遇し行方不明に…など等、淡々と紹介された。 使用した固定ザイルは3500m、連日好天に恵まれたといいます。

Additional information