高地民族の生活や健康の変化を調査している「高所プロジェクト」という研究計画(5年間)があります。そのプロジェクト初の一般向書籍が、刊行されました。

医学を始めとして、文系・理系のさまざまな研究者20名が、それぞれの専門分野から見たチベット・ヒマラヤの今を執筆しています。

貴重な本ですので、ぜひご覧ください。

書名 生老病死のエコロジー ~チベット・ヒマラヤに生きる~
  昭和堂
定価 3,150円(税込)
編著者 奥宮清人(総合地球環境学研究所、医学博士)
執筆者 高所研究者(全20名)
写真 小林尚礼ほか
頁数 264p
装丁 四六判、ハードカバー
詳細 http://www.k2.dion.ne.jp/~bako/news-tankoubon3.html
補足 ご注文は、小林写真事務所でも受けつけています(送料無料)。

2011/5/1の朝日新聞の書評欄で紹介されました。(2011/05/01補足)

小林尚礼様、ご紹介ありがとうございました。

Additional information