立教大学アジア地域研究所公開講演会『中国はどこへ行く』のご案内です。

事前連絡不要、参加費無料です。

立教大学 アジア地域研究所 公開講演会
『中国はどこへ行く』

日時 2011年6月18日(土)13:30-15:30
会場 立教大学池袋キャンパス 12号館2階 A 204教室
所在地 http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
講師 高原明生さま(東京大学大学院法学政治学研究科教授。GEN会員)
演題 中国はどこへ行く
内容

世界的な大国となった中国の政治と外交はどこへ向かうのか。中国の今後の方向性を展望することは難しい。中国のエリートの間でも深刻な意見の食い違いがあり、今まさに激しい論争が展開されている。第一の論点は、いわゆる「中国モデル」が存在するのかしないのかという問題であり、ここには中国社会の現状をどう評価するのかという問いがかかわっている。第二に、政治改革をめぐる論争も激しい。三年前から表面化しているのは、普遍的価値の有無をめぐる意見の不一致である。第三に、果たして強気の外交を展開していくのか、対外協調を基本姿勢とす るのかをめぐる論争も表面化している。焦点は、鄧小平が遺した外交方針である「韜光養晦、有所作為」(韜晦し、低姿勢を保ちながら、主権問題などをめぐっては為すべき所を為す)を維持するのかという問題だ。

主催 立教大学アジア地域研究所
参加費 無料
申込方法 事前連絡不要

上田 信様、ご紹介ありがとうございました。

Additional information