4番目には、金子 民雄氏(作家、中央アジア研究家, 歴史家)から『能海 寛のたどった道 -四川・青海そして雲南からチベットを目指し消息を絶った青年僧-』と題した発表をいただきました。

<添付資料>
Download this file (20070630_06_04_kaneko_resume_scan.pdf)配布資料(スキャン版).pdf[ ]0 kB

Additional information